shiomamedaifuku

水月院(すいげついん)。伝統的なシオマメダイフクのお餅

人生で最も素晴らしいご馳走は、小さなパッケージに入っていることがあります。

水月院の小前田大福は、小さな食事の中に大きなおやつが入っていることは間違いありません。餡がたっぷり入っているので、地元の人や旅行者にも人気があります。上質な塩と小豆、世界でもわずかしか生産されていない都黄金もち米を使って作られています。 

飾りとしても、簡単なおやつとしても、いろいろな楽しみ方ができるのが魅力です。

水月院のお餅の特徴は?

伝統的なお餅を食べることをモチーフにしているだけでなく、他の人とは一線を画すような工夫をしています。

餅生地

香ばしい香りと、ふっくらとしながらもしっかりとした身と粘りがあり、もち米の深い味わいが特徴です。時間が経っても小豆の食感が固くならないように、生地の粘りを保つように工夫しています。

素材、配合、加熱、温度のバランスが絶妙な水月院の生地は、日本でも有数のものとなっています。

竹の蒸し方

水月院では、竹の蒸し器を使ってゆっくりとお餅を炊き上げます。この技法を使うことで、灰のような餅生地に竹の香りが伝わり、香ばしい香りが出てきます。ただし、これは竹1本につき100個しか仕上げることができないので、一貫した手間と時間がかかります。機械蒸しでは出せない美味しさを引き出してくれるのが、私たちの調理法の良いところです。

穀物の造り

北海道産のエリモ小豆を個人的に栽培し、現地で収穫しています。豆の中でも、風味や色、優しいツヤのある豆を選び、少しでも美味しくお餅を食べていただけるようにしています。有機栽培された希少な小豆は、皮が柔らかく、さわやかな甘みと越立に似た滑らかな食感が特徴です。また、大島産の天日塩「海の精」を加えることで、小豆の甘みを引き立て、独特の塩味を残しています。飽きのこない香辛料のブレンドをお楽しみいただけます。

伝統のお餅

伝統的には、臼と杵を使って蒸した米粒を叩いて餅をつくのが一般的です。この方法で餅をつくには2人がかりなので、通常はお祝いの席でしか食べられませんが、日本の伝統的な餅の種類の中で最も一般的なのが、この方法で作った餅です。この方法で作られた日本のお餅は、お正月頃に食べるのが一般的です。

現在では、すべてのお餅が手で作られているわけではなく、多くは機械や家庭で作られています。伝統的には米を原料としていますが、現代では餅粉を使用することが多くなっています。グルテンフリーの方が注意していただきたいのは、もち米にはグルテンは含まれていないということです。もちもちとした食感は、米粒に含まれるでんぷん質が原因です。ですから、お餅は100%もち米か米粉を使って作られていますので、安心してください。

日本のお餅の種類

お餅の種類についてもっと知りたいですか?

ここでは、日本のお餅の代表的な種類をご紹介します。

大福

大福餅とは、大きくて柔らかくて丸いお餅の中に餡が入っているタイプのお餅のことです。他にもいちごなどのバリエーションもあります。

ぼた餅(おはぎ

ボタ餅とは、裏返した大福のことで、内側に餅玉が入っていて、外側に餡などの餡がかかっています。おはぎは、秋に食べられるボタ餅の一種で、少し独特の食感があります。

きなこ餅(あべ川餅

きな粉と砂糖をまぶしたもので、あべ川餅とも呼ばれています。

桐餅

切り餅を保存状態のまま長方形にカットしました。この切り餅は、あらかじめカットされているので、焼き餅に最適です。伝統的には小型の炭火焼き器で焼いていましたが、現代ではガス焼き器でも焼けるようになりました。

磯辺巻(磯辺焼き

磯辺巻(磯辺焼き)は、一枚一枚のお餅を焼いて海苔で包み、醤油をつけて食べるおやつです。温かいお餅と一緒に食べると、シンプルで美味しいおやつになります。

草餅

よもぎを原料とするこの餅は、自然な緑色をしており、「草餅」とも呼ばれています。葉っぱの香りがして、中にあんこが入っていることが多く、春の時期に販売されることが多いです。

八ツ橋

京都発祥の三角形のお餅です。焼いたり、焼いたり、生で食べたりと、薄い餅の間にいろいろな具が入っていますが、シナモンと一緒に食べるのが一般的です。

花びら餅

花びらは、花の形をしています。通常は半透明の白い餅を薄い層で囲み、その周りに小豆とごぼうの根っこを入れたもので、餅の中からピンク色が覗いています。

さくら餅

桜餅は、桜の花見の時期に販売されます。小豆が入っているのが一般的ですが、桜の葉で包まれており、甘さとは対照的に塩味が効いています。 

団子

おだんごは技術的には餅ではありませんが、餅に該当します。お米の代わりに米粉を使用しています。おだんごにはいろいろな種類がありますが、一般的には1本に3~5個のおだんごが入っているのが一般的です。春になると、お花見の季節になると、白やピンク、緑のおだんごがついたおだんごを見かけるようになります。甘い醤油をかけたものは「みたらしだんご」と呼ばれます。

蕨餅

蕨餅は、従来の日本の餅とは少し異なり、米粉ではなくワラビのでんぷんを使用しているため、ゼリー状になっています。そのネバネバした食感から、餅の一種とも言われています。きな粉で巻いたものが一般的で、黒蜜をかけて食べることもあります。

焼き餅

このタイプのお餅は、火や熱い炭火で焼いたもので、冬場に食べるのが一般的です。固い餅が膨らみ、熱を加えるとまた柔らかくなります。おだんごもよく食べられます。また、焼き餅は「嫉妬」を意味する言葉でもあります。

餅アイス

大福と同じように、お餅玉の中には餡が入っていますが、餡の代わりにアイスが入っているのです

ひし餅

ひし」とは、ひし形の3層の餅を組み合わせたもので、豊穣の象徴として、ひな祭りの頃に売られていたものです。豊穣の象徴として、ひな祭りの頃に販売されています。日本では3月3日のひな祭りの頃に販売されています。

鏡餅

鏡」とは、この餅の形のこと。鏡餅は、2枚の餅を重ねて、柑橘類の実をのせたもので、日本古来の銅鏡に似ています。日本古来の銅鏡に似た形をしています。日本のお正月を象徴するもので、12月になると神社や家庭、オフィスなどで見かけることがあり、日本人は長寿と幸せな一年を祈願しています。

水信玄餅

水信玄餅(別名「雨粒餅」)は、現代風の日本のデザートです。このリストの他の種類の餅とは異なり、寒天粉を使用しており、通常は黒蜜釉ときな粉で味付けされています。

柿餅

ちょっとパサパサになってしまったお餅が残っていたら、捨てないでくださいね。薄く切って揚げたカキモチにも使えます。お餅を煎餅にしたようなものです。餅が柔らかいうちに平らにして、乾燥させてから小口切りにして揚げます。膨らんできつね色になったら完成です。

お餅の食べ方は?

お好きなように お餅アイスにはいろいろな食べ方があります。一口食べてみたり、お餅を丸ごと口に入れてみたり、切り分けてみたり……。

中でも人気なのが、外出先での食べ方。外出先でもお餅を食べられるのが魅力です。通勤・通学の途中でも、近所を散歩しているときでも、ひんやりとしたクリーミーなおやつを楽しむことができます。餅はどこにでも持っていける万能性を持っています。

当社のサイトをご覧になって、当社の製品やサービスの詳細をご覧ください。お問い合わせやご提案は「お問い合わせ」のページをご覧ください。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa