tsurunotsuki dainagon

水月院(すいげついん)。どら焼きのすべて

和菓子の中でも最も人気のある伝統的な和菓子の一つです。この小さなお菓子は、ほのかな甘さの中にほのかな風味があり、一口目でやめられない美味しさです。

はちみつパンケーキと小豆餡の組み合わせは、シンプルでありながらも食べごたえのある一品に仕上がっています。

どら焼きとは?

どら焼きとは、甘い小豆餡をふわふわのはちみつパンケーキで挟んだ日本の伝統的なお菓子です。しかし、普通のパンケーキとは少し違います。どら焼きの生地には、はちみつとみりんが入っていて、日本の「かすてらカステラ」に近い食感です。

どら焼きの由来 

どら焼きは、1900年代初頭に日本で発明されたもので、武士が残した銅鑼の形が元になっていると言われています。この伝統的なデザートが日本の歴史の中で長く愛されてきたことは、その人気と美味しさを物語っています。

名前の由来にはいくつかの説があります。一つは、形が「ドラ」と呼ばれる和楽器の銅鑼に似ていることに由来しているという説、もう一つは、「ドラ」と呼ばれる和楽器の銅鑼に似ていることに由来しているという説。もう一つは、この楽器でケーキを焼いていたので、「どら焼き」と呼ばれるようになったという説です。

充填のバリエーション

伝統的に、どら焼きの中には小豆餡が入っています。

この素晴らしい日本のお菓子は進化を遂げ、現在では様々なバリエーションの餡をご用意しています。

古典的などら焼き

あんこ」の「あん」とは、中国語で「食べ物の中身」を意味します。日本には14世紀に中国から「あん」の入った饅頭が伝わったとされています。

伝統的などら焼きは、つぶつぶ餡が入っているものです。

餅どら焼き

餅どら焼きは、その名の通り、中に餅が入っており、餡と一緒に餡が入っています。餅の食感がデザート全体の魅力を引き立てます。

栗どら焼き 

中に栗が入っていて、日本では秋の季節によく食べられているどら焼きです。

ソーダポップどら焼き

鮮やかなブルーカラーのあんこにホイップクリームを合わせたバリエーション。ラムネという日本の炭酸飲料のような味で、意外にもふわふわのパンケーキやクリームとの相性が抜群です。

プリンどら焼き

このどら焼きは、餡の代わりにチョコレートが入っています。あんこの味が苦手な子供に好まれると言われています。

バターどら焼き

これは、あんこと一緒にバターのブロックが入っています。この組み合わせに驚くかもしれませんが、バターのコクとあんこの甘みがよく合っています。

合わせると最高です。

どら焼きは、持ち運びができてパッキングも簡単なので、いつでもどこでも気軽に食べられるフィンガーフードです。日本茶との相性も抜群で、ゆったりとした午後のひとときを演出して

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa